プロフィール

ソース・トレーナー

上田正敏3つの自己紹介

普通のプロフィール

偏愛的自己紹介

好きを仕事にした物語

 

上田正敏プロフィール

上田 正敏(うえだ まさとし)

1970年:東京都出身。
 
1994年大手電機メーカーの研究所に就職。データベースシステム、遠隔監視システムの開発をする。
 
1998年に心と身体の健康に興味を持ち、ストレスを軽減することにより、本来持って生まれてきた力を取り戻す手法であるホリスティックなセラピーに出会う。
 
1999年:セラピー資格を取得。ワクワクした人生を生きることを決意した時に、ソースに出会う。サラリーマン生活をしながら自分らしく生きる方法を模索。
 
2000年:パートナーと結婚。
 
2001年:7年半勤めた会社を退職。米国にセラピーの資格すべてを取得するために短期留学。帰国後パートナーと共に、自分らしさを発見し、楽しく豊かに成功するフリースタイルを立ち上げる。。コンサルタント、セミナー、ワークショップを本格的に開始する。東京を中心に、北海道、盛岡、新潟、名古屋、大阪、香川、福岡等、全国でワークショップ、個人セッションを行う。さらにオーストラリアでもワークショップを開催。ご縁がある所に積極的に活動を行う。
 
2005年にソース公認トレーナーの資格を取得。ワークショップを提供し始める。さらに東京ソース勉強会を主催する。
 
2007年:冒険教育の最高峰OBJのJALTに参加。
 
2008年:今までのソースの活動が評価されソース・アドバンス・トレーナー養成講座の講師を担当する。
 
2011年:演劇、ワークショップと自己表現に興味を持ち、舞台に立ったり、小学校などでも芸術表現のワークショップを開催する。
 
2015年:ハーフマラソン完走。普通の健康ではなく、しなやかに動ける体作りをするために体を鍛えはじめる。ダイエットに成功し健康診断も10年ぶりにオールクリアになる。心理面からのダイエットの研究スタート。
 
2016年:誰もが健康で自分らしさを楽しむことができる心身であるように予防医学であるナチュラルメディカルカレッジ首席卒業。
 
2017年:マラソンのトレーニングの一環としてトレールランニングに興味を持ち、本来アウトドア好きと融合されファストパッキング、ウルトラライトハイキングを始める。
 
飽くなきワクワクを大切にしながら、自分らしい生き方、体作り、癒し、大好きなことを仕事にすることや成熟したパートナーシップを研究・実践を続けている。
  
■座右の銘
ワクワクすることをしよう!していることにワクワクしよう!
 
■blog
ブログでワクワクを生きるヒントを発信中
ゴキゲンなセラピストでいこう!
 
■twitter
よろしければフォローを
https://twitter.com/u_machan
 
■facebook
フォロー歓迎!お友達申請の際は一言メッセージをお願いします。
https://www.facebook.com/Ueda.Masatoshi
 
 

偏愛的自己紹介

幼少時代

1970年東京に生まれる。一人っ子。幼稚園のお弁当の時間は踊りながら替え歌を歌うお調子者昆虫ミニカープラモデル図鑑大好き。幼稚園の隣にあったお絵かき教室学習教室で遊ぶのも大好き。秘密基地を作って遊んだ思い出も。夢は昆虫学者

小学時代

図工理科の実験が大好き。小4から青少年育成会ボーイズクラブに所属(~高校生)。登山キャンプ沢登りオリエンテーリングシュノーケリングXCスキーなどを楽しむ。夢は川口浩探検隊に入ること。サバイバル読本が愛読書だった。警察署の剣道教室のまとめ役をまかされる。

中学時代

毎日コツコツと勉強するのが面白かった。成績は真ん中くらい。頭の良さでは人には勝てないと悟る。この頃から試験は先生とのどんな問題をだすのか読み合いだということに気づく。ボーイズクラブで東海道五十三次を日本橋から京都三条大橋まで歩いたり、リーダー研修を受けたり集団生活を学ぶ。XCスキー大会優勝

高校時代

「お前は勉強がそんなに好きじゃないから」と母親の先見の明により付属高校に入学。ワンダーフォーゲル部部長に。毎晩、登山用品のカタログとにらめっこしながら自然の中で遊ぶイメージをしていた。NHK電子立国日本を見て最先端を走る技術者を目指す。物理でも力学が得意だった。

大学時代

推薦をもらい電子工学科に進学。片道2時間をかけて通学。ハイキング同好会に所属。飲んで語り合う生活。そこで副部長合宿実行委員長をする。夏は体育館の床貼りのバイトでお金を稼ぎ、冬は戸隠のスキー場に居候してスキー三昧。スキーはSAJ2級を取得。スキー場でもサークルの部費で買ったビデオカメラで滑りながら撮影するなど使いまくる。サークル活動幹事を積極的にする。就職する気まんまんだったが教授から誘いを受け推薦で進学する。

大学院時代

脳神経学の工学的応用の研究をする。研究室の仲間を集めて鍋パーティーをし、泊まり歩く。同期と思いで作りと称して合コン発案し連帯感を高める。スキー場で留学していたオーストラリアの友達を頼り海外旅行を初体験。アメリカカナダタイを自由旅行。この時代にバブルがはじけて就職の売り手市場も買い手市場もどちらも体験する。

会社員時代

(株)明電舎の総合研究所配属。コンピューターを使いデータベース開発、通信システム開発をする。会社でソフトウェア開発手法の勉強会を立ち上げる。サーバー管理をしながらインターネットを学ぶ。なぜか職場から労働組合に派遣され副委員長を務めることになる。サラリーマン生活は7年半続いた。

この会社員時代にソースに出会う(1998年10月)

バイク(セロー)を購入。ツーリング(北海道、四国、屋久島など)やアタックツーリング(林道や獣道)に燃える。アタックツーリングチームを作るトライアル(ベータテクノ)の世界にもはまりイーハトーブトライアル(岩手)、サンシャイントライアル(山形)、佐渡トライアル(新潟:ここでは4位入賞)などの大会にも参加。

心の世界に興味を持ち、スリーインワンタッチフォーヘルスなどキネシオロジーを学ぶ。学ぶ仲間と交流場を作るためにメーリングリスト開設インストラクターの資格も取得。自分らしく生きることを決める。スリーインワンの師匠的な存在であるパートナーと結婚。潜在意識身体意識無意識の領域に興味を持つ。聴覚トレーニングであるトマティス・メソッドヴォーカルトレーニングCAVも学ぶ。

起業時代

退職後一ヵ月半ほどアメリカスリーインワンのすべてのコースを学ぶために短期留学。帰国後プロのセラピストインストラクターとして活動開始。プロフェッショナルとして活動するためにお金ビジネスを学ぶ必要があることに気づいたときにメンターに出会い学ぶ。セラピストとして活動するのに人間全体を学ぶ必要があると気づいた時にホリスティック医療のメンターと出会い学ぶ。その後、ホリスティック医療関係のNPO理事も勤める。スリーインワン以外にも心理カウンセリングビジョン心理学ロールプレイヴォイスヒーリングインプロビゼーションプレイバックシアターファミリーコンステレーションなど様々な手法を学ぶ。セラピーの技術を癒しだけではなく自己成長にも使えることに気づき自分の源泉を見つけるソースを学びトレーナーとなる。各種勉強会を立ち上げる

様々な気づきを発信するためにホームページ(2000年10月~)、メルマガブログ(2003年9月から3000日以上毎日更新したが運営側に突如削除された)を開設する。mixiにソースのコミュニティを立ち上げる。

趣味がどんどん仕事になっていく現実から、純粋に趣味を楽しむために小笠原諸島父島でイルカと泳ぐ。アウトドアへの興味を思いだし日本最高峰である69日間の冒険教育指導者養成プログラムJALTを受講。その際に赤十字救急法救急員の認定を受ける。

ソースのトレーナー育成のプログラム作成・講師を担当することになる。

表現活動に興味を持ち、ライブ演劇舞台映画カメラに興味を持つ。キューバンサルサ学び、舞台デビューをはたす。パッチアダムスの影響を受け緊急クラウンのWSに参加、スカウトされてプロのクラウンとして施設訪問を行う。世界のシルク・ドゥ・ソレイユの舞台を見ることが夢のひとつ。

2010年青山学院大学で開催されているワークショップデザイナー育成プログラムを受講。少年、自由、ムードメーカー、ザ・バイタリティ、師匠と評価される。この活動がご縁で表現教育の指導者として小学校でのワークショップに関わる。

2012年3月世田谷パブリックシアター・シアタートラムで「地域の物語〜カラダの未来」で劇場の舞台に立つ。

2015年1月嫌いの中にワクワクが眠っているのではないかという仮説を証明するために半年前から歩くところから始めて新宿シティハーフマラソン完走。東京マラソンサブ4を目指す。

2015年初心に戻り予防医学であるナチュラルメディカルカレッジを受講しながら講師も担当する。

2017年トレールランニング、ファストパッキング、ウルトラライト ハイキングに興味を持つ。

誰もがワクワクすることを人生の中心におき、それを社会に役立つような形で100%表現できる世界を創ること。お互いの夢を叶えるために応援する社会を創ることが今の夢です。

緑:外側の冒険紫:内側の冒険青:表現すること赤:リーダーシップ

好きを仕事にした物語

0.この体験記の読み方

ソース・トレーナーとして上田正敏がソースを知った時から今までの体験を書きました。もしも、自分だったらこんな行動するかなと自分の体験と置き換えながら読むことをおススメします。
僕のささやかなソース体験記があなたの参考になれば幸いです。
 

1.出会いは本から

90年代も終わる頃、会社員をしていた20代後半の僕は、未来に希望が持てない状態にいました。入社した当時はやる気満々で会社を変えるぞ!くらいの熱意を持っていたのです。それが3年、4年を過ぎた頃、会社というものがわかりかけてきた時に心が折れてしまったのです。なぜなら、同僚、先輩、上司を見て、自分の未来が見えてしまった気になったからです。住宅の話と噂話しかしない同僚。残業ばかりで元気がない先輩。ため息が多い上司。夢も希望もないと感じてしまったのです。働く意味がわかりませんでした。
自分もこのまま、死んだように生きていくのかと半ばあきらめていました。
そんな中で「スリーインワン」というセラピーに出会いました。現実を創りだしているのは自分であり、現実を変えることも自分が心から選べばできるということを知りました。
スリーインワンは自分の本質を知ることができ、行動や変化する時に生じる感情的な心理ブロックを取り除き、新しい一歩を踏みだす意欲を持つことができる技術です。
スリーインワンを通じて、今現在の現実を創りだしているのは自分なんだということがわかりました。現実が気に入らないなら、自分で創りだせばいいのです。
限界を作っているのは自分なんです。スリーインワンはその限界を突破する力を持っていました。スリーインワンを学ぶ中で自分を見つめ、心の壁を取り除くことにエネルギーも時間もお金も注いできました。
そして、スリーインワンのコンサルタントをするための資格を取ったときに、自分らしく生きると決めました。
そして、スリーインワンを使って「自分らしく生きる仲間」を増やすと決めたのです。
ただ、当時の僕には自分らしさが見えなかったのです。
1999年10月「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある」という1冊の本と出会いました。友人がネットで紹介していたのです。
直感で「この本だ!」と思い、新宿の老舗大型書店で発売日に購入しました。
夢中で読んだ。読み始めたら止まらなかった。一晩で一気に読んでしまった。
特に僕の中に大きな衝撃を受けたのは「ワクワクすることは全部やれ!」という言葉でした。
当時、セラピーの「スリーインワン」と山の中を走ったり障害物を越えるバイク競技である「トライアル」に夢中になっていました。スリーインワンは僕の内面の世界の冒険であり、トライアルは僕の外側の世界の冒険だったのです。
新しい世界が知りたい!その欲求のままに、ワクワクすることを全部やりました。
週末はスリーインワンを学ぶためにトレーニング・コースを受講したり、バイクの練習や大会に参加したりする日々を過ごしました。
夜の自由な時間もテレビを見ることをやめて、ワクワクすることをやり続けたのです。
給料はもちろんのこと、これまでに貯めた貯金もすべてワクワクにつぎ込みました!
すると、人生が次第に楽しくなってきたのです。
生きる力が湧いてきたのです。
もっとソースを知るためにセルフスタディキットも予約注文までして手に入れました。当時は今よりも倍の値段だったのですが即決で注文しました。
さらに実際に講座を受けたいと日本初開催のベーシック・ワークショップ(現在の発見編です。)に申し込みをしました。
ところが・・・
 

2.ソースとの別れ

自分自身のソースをもっと知りたいと思い、日本初開催のベーシック・ワークショップに申し込みをしました。
ところが、すでに満員でキャンセル待ちで参加できなかったんです。
僕の中でソースに対する情熱が急激にしぼんでいきました。
その時には「もう、いいっ!」とワークショップに参加することをあきらめ、さらに本なども机の奥にしまって封印してしまったのです。
ただ「ワクワクすることは全部やれ!」という同時実行の教えはその後も実行しました。
いろんなワクワクを同時実行していたら、1回やって満足してしまうもの、数回やって満足するもの、毎日やりたいと思うもの、いろんなワクワクがあったのです。
その中でスリーインワンを通じて自分を知ることは毎日やっても飽きませんでした。
毎日ワクワクしながらスリーインワンについて考え、気づいたことを実行していきました。
そうしたら、スリーインワンで出会った女性と結婚をすることになり、さらに夫婦でスリーインワンを仕事にしようと起業するまでになったのです。
ただ、ワクワクすることを追求していたら、結婚とライフワークの両方を手に入れたのです。
起業した時は、お金も人脈も何もない所からスタートでした。
(この辺りの話はまた別の機会にお話します。)
努力をしたという感覚はありません。ただ、自分がワクワクすることを追求していったらしだいに形になっていったのでした。
自分の心が羅針盤のように自分の行きたい方向に連れてってくれたのです。
自分が進む道を歩む中で多くの人に応援していただきました。感謝しかないですね。
すべてが順調に導かれるままに進んでいました。
ところが・・・
 

3.ソース・ベーシック・ワークショップに参加

起業して数年が経ち、すべてが順調に進んでいたと思っていたのです。ところがワクワクすることをしているにも関わらず、心が満たされない自分を発見しました。
「あれっ?何かがおかしい?」と思っていました。
そんな時、友人のソース・トレーナーである安藤さんがうちに来てくれた時に、思い切って相談しました。
「それは、ソースのベーシック・ワークショップ(発見編)が役立つかもしれないね。」
と話をしてくれました。
本を久々にひっぱりだして、読んでいたらまた再びワクワクの炎が僕の中を駆け巡りました。
そして、パートナーのけいちゃんと共に八ヶ岳にワークショップを受講しに行くことにしたのです。
2004年12月のことです。
ワークショップには、本だけでは味わえないたくさんの仕組みがありました。
本だけではソースがもたらす恩恵の10%くらいしか受け取れないですね。
ワークショップを実勢に体験することで本当に大事なことがわかりました。
「こんなことも好きだった!」
「あんなことで幸せを感じていたなぁ」
「そういえば、こんなことにも夢中になっていた!」
と自分の中から幸せな思い出が源泉のように沸きあがってきたのです。
「自然」「子供心」「情報発信」「心の余裕」「世話をされること」「火」・・・
様々な僕の中のワクワクの要素が発見されました。
特にこの「世話をされること」は僕にとって衝撃的な気づきでした。
ワークショップ中にパートナーのけいちゃんと共に親戚の法事に行った時の話が出てきました。
けいちゃんが「みんながあなたに注目をして話しかけてくるね。」と言いました。
「えっ?」それは、僕にとっては普通のことだったんです。
「あなたはみんなに愛されているんだね~」と、けいちゃんがしみじみと言いました。
「そうなのかなぁ?」と思いを巡らせていたら、ふつふつと静かで穏やかな感謝の気持ちが湧いてきました。
自分の気持ちを感じていたら、子供のときから周りの人達に親切にしてもらい助けてもらってきたことが次々と思い出されたのです。
「僕は愛されているんだ。」涙があふれました。
起業してから全部を自分でやらなきゃと努力をしていたのです。
助けを求めることなんてしちゃいけないと思っていたのです。
世話をされる時に自分は愛されているという満たされた感覚を思い出した瞬間、頭の中にはピカッと電球が点灯し、身体はゾクゾクッと電気が走ったかのような感覚になったのです。
「人から応援されてもいいんだ!」 そう心から思えました。
そして実際にワークショップ受講後、僕をサポートしてくれる人が次々と現れたのです。
僕の人生の目的もあきらかになりました。
「私は多くの人に助けてもらい夢を実現します。」
というものです。
僕の夢のひとつが「誰もが大好きなことを思い出し、毎日をワクワク自由に生きることができる社会を創ること」なのです。
そのためにソースの考え方を多くの人に伝えていくことなんだとわかったのです。
第一歩としてソース・トレーナー養成講座を受けようと決めました。
この文章を書いていて思い出しました。僕の母は田舎から東京に出てくるために頑張ってきました。そして大学に行き、東京に残るために働きました。自分らしく生きることを探していたのです。結婚をして僕を産んでから、病気になりました。それで、多くの夢をあきらめたのです。僕がソースを通じてワクワクを生き、それを伝えることはことは、母から受け継いだ想いも含まれているんですね。
トレーナー養成講座を受ける前に数ヶ月の時間がありました。
その間にもソースを深く知り、実践するために役立つ方法を学びたいと思っていました。
どこかでソースを学んだ人が共に学びあう場がないのだろうかと探しました。
ところが・・・
 

4.東京ソース勉強会発足

ソースに関する勉強会を探しても誰もやっていなかったのです。
「誰もいないなら、僕がそれを立ち上げるんだ!」と決めました。
すると不思議なものです。関西のソース・トレーナーの方がソース関係者の集まりを開催するという話が入ってきたのです。早速無理を承知でお願いをして参加させていただきました。
その場は、彼のソース・トレーナー養成講座の同期会でした。
そこで出会った人たちが面白い。
僕が「毎月、勉強会を開きたい」という話をしたら、「協力したい」という人が何人か現れたのです。心から決めると応援してくれる人が現れるのです。
それからほぼ毎月ソース勉強会を開催しました。
最初は、ソース・トレーナーでもない状態からのスタートでした。
僕がやらねば誰がやるんだという使命感と参加者の笑顔を想像しながら勉強会の準備をしていると充実した気分を味わえました。
毎回、ワクワクをテーマに様々なネタを探し、試行錯誤し、応援しあう仲間の輪が広がっていったのです。
さらに、ここでの学びがワクワクを生きるための研究と実践の場になったのが、僕の財産になっています。
自分のワクワクを受け入れてもらい応援してくれる場があることは大切なことです。
「ワクワクを生きる」というテーマについて毎日思いを巡らせているとヒントや解決策がやってきます。
時には直感として閃くこともあるし、ふとした会話から相手が言ってくれることもあります。
このソース勉強会は2年間続けました。のべ約300人の人が参加してくれました。ギフトがいっぱいです。協力してくれた方、参加してくれた方に感謝しています。また機会を見つけて場を作ろうと思っています。
少し時間を戻します。
ソース・トレーナー養成講座を受ける直前に講座を受けることにワクワクしていない自分を発見してしまったのです。
それは・・・
 

5.ソース・トレーナー養成講座

ソース・トレーナー養成講座を受ける前になぜか乗り気でない自分がいました。
「今までの経験があれば自分にできる。
 養成講座を受ける意味なんてないんじゃないか?」
と自信過剰になっていて、ワクワクしていなかったんです。
これは何か変だと自分の態度に気づき、ソースの本を何回も読み返しました。
そして気づいたのは
「ワクワクする?しない?」
「楽しい?楽しくない?」
「役立つ?役だたたない?」
ということを考えることに意味はないんです。
それは
「どんな意味があるのかを決めるのは自分自身なんだ。」
ということです。
「トレーナー養成講座を楽しく学ぶ!」そう意味づけました。
そのために「講座にいる人たちと共にワクワクするために自分にできることはすべてやる!」と決めたのです。
その決意と共に参加した4日間の養成講座はとても楽しいものでした。
「友達100人作るぞ!」と宣言したオープニングに始まり(実際の参加者は30名でした(笑))、僕が先導し参加者全員が立ち上がりアントニオ猪木のように「1・2・3 ダァ~!」と燃え尽きたクロージングまで最初から最後まで楽しく過ごしました。
講座中ずっと自分がワクワクすることを実践していました。
例えば、初日の講座後に有志の懇談会に参加し帰宅後に直観がひらめきました。
僕のことを仲間に知ってもらうためにワクワクの要素を詰め込んだ自己紹介用のA4版チラシを作ろうと思っちゃったんです。
夢中になって作っていたら夜中2時を過ぎていました。体は疲れていても心は満たされていました。
翌日に作ったチラシを配ったら大好評でとてもうれしかったです。
思いついたことを全部実行しながら楽しんでいたら全国からワクワクを実践している仲間の輪が広がっていきました。みんな自分の個性を知っているすてきな人たちです。
ワークショップ終了後に30人全員の名前と顔が一致して、誰が何を好きなのかを知っているってそうはないでしょ。
ソース祭りのような楽しい時間を過ごしました。
遊んでばかりではなく、実習もたくさんしました。そこでの気づき。
参加者全員を前に僕がトレーナー役になってワークショップを進行する練習する機会に恵まれました。
大人数でワークショップを行う機会は、これが初めてに近い状態だったのです。
「ワクワク楽しみながら、この練習をする。」と決めてやりました。
みんなの目が僕に向いています。「おーっ!温かい期待の目だなぁ。うれしいなぁ。」と思っていました。
そして、順調に練習は始まりました。
黒板に絵を書いて、これから参加者がする行動の説明をしていた時です。
字が波打っているのです。
「えっ!とんでもなく緊張している!」ってその時に初めて気づいたのですね。
意識では全く緊張している感じはなかったんです。
ところが、身体は正直ですね。震えていたのです。
緊張していることに気づいたら、そのまま頭が真っ白になりそうです。
「まぁ、緊張するのも無理はないわなぁ・・・」
とふぅ~っと一息入れて、自分を受け入れました。
それから自分の中の“ワクワク感”に焦点をあて続けました。
すると不思議なもので心はとても落ち着いたんですね。
無事に練習が終わり、参加者の皆様から「楽しみながらやっているのが伝わってきて、こちらも楽しくなった。」という感想を多くいただきました。
緊張はあるものだ。緊張に焦点を合わせれば緊張する。
喜びに焦点を合わせれば喜びになるのだ。
いろんな感情が自分の中にあるのです。
どの感情も存在しているのです。それはなくなることはないのです。
ただできることは、どの感情に焦点をあてるかだけなのです。
そして自分が焦点をあてている感情が、参加者に伝わります。話している内容が伝わるわけではないのです。
自分が感じているものが伝わるのです。
自分が焦点をあてている感情の波は伝染するものなのですね。
そんなことに気付きました。
勇気をだしてチャレンジしたかいがありました。
危険を冒すことで利益が手に入るのです。
恐怖を乗り越えるとワクワクが待っているのですね。
実体験からの学びは一生ものです。こんな経験ができたことは幸運ですね。
養成講座に参加することで、自分の新たな才能を知り、今でも応援しあう仲間ができました。
僕はこれで好きなことをする人生から大好きなことをする人生にシフトアップした実感を得たのです。
養成講座を受けたその月に早速ワークショップを開催しました。多くの人に参加していただき勇気をもらいました。そして、ソース・ワークショップを開催する楽しさを教えてもらったのです。
ソース・ワークショップを受けることで、「人生がワクワクするものに変わりました」という声を数多くもらいました。
僕のワクワクも加速していっていたのです。
ところが・・・
 

6.ワクワクを生きる「ようこそ先輩」開催

「ソースを受講したんだけれど・・・」という声もチラホラ聞くようになりました。
「ワクワクに気づいたんだけど実生活に生かせないんだ。」というものです。
そういえば、思い当たることもありました。
僕の中にあるワクワクがうまくいかない時の体験を振り返りました。
「なぜなんだろう?」
「こういった疑問の声に答えることはできないのだろうか?」
そんな自分への問いかけから、ひとつの答えにたどり着きました。
僕がソースを通じて体験してきた経験を語ろうと。
僕だけの体験では不十分だと思い、全国にいるソース・トレーナーの諸先輩方々に積極的に会いに行き意見交換をしました。
インタビューするととても面白く、その人ならではの興味深い話が聞けたのです。
僕だけが聞くのはもったいない。多くの人にシェアしたい。そう思ったのです。
そこでセミナーを開くことにしたのです。
その名も「ようこそ先輩!~ソースでライフワークを生きている人たち~」です。
内容は、「ソースに出会って自分のワクワクすることを知り、あらゆる分野で自分のワクワクを追及した結果、ライフワークに出会い楽しんでいる方をゲストとしてお呼びしてお送りするトーク・ライブです。ゲストを中心にした大人のしゃべり場です。参加者の皆様も主役です!」というものでした。
毎回ソースを生きている先輩をゲストにトークライブをしたのです。
インタビュアーもインタビューすることが自分のワクワクだという女性にお願いしました。
僕はプロデューサーに徹したのです。
毎回、多くの参加者に恵まれ、ソースを生きる知恵もたくさん学びました。
一部を紹介すると・・・

  • 苦手な中にもワクワクが隠れている。
  • 失敗から自分の才能を見つけた。
  • ワクワクしながら起業する7ヶ条
  • メンター(こんな人になりたい!という人と友達になる)
  • 仲間(横のつながりを大事にする)
  • 貯金(収支のバランスを大切にする)
  • ワクワクの地図を持ち歩く
  • 名刺を持つ(顔写真入)
  • ブログ、ホームページを持つ
  • 聞き上手であること
  • 小さな行動が大切
  • 自分で選択することがワクワク生活の第一歩
  • ワクワクすることを積極的に人に話すこと
  • ワクワクすることの周りをウロウロしているうちにチャンスが来る
  • 仕事に対する姿勢で大事なことは「意味づけ」と「覚悟」。どうしてこの仕事をしているのか自分自身でしっかりと意味をつけること。そして、決めたことをやり遂げる覚悟を決めることが大事だということです。
  • 自分が好きなことを知り、自分が何ができるのか能力を知り、自分が何が大切なのかの価値感を明確にした後に、さらに自分の強みを知ることが大事
  • メンターになってもらいたい人と接する時のポイントは、「自分から与える」という姿勢で会うこと。決して何かをしてもらうという姿勢はご法度。
  • パートナーシップが「豊かさ」を運んで来る。
  • 「直感でピンときたら即行動」「ピンとこない時には動かない」「人を大切にする」

など、ここには書ききれないくらいたくさんの学びがありました。しかも実体験からの話は理解しやすく説得力がありました。ここに書いた言葉以上のものを受け取りました。
「ようこそ先輩!」で話を聞くことは、実は僕が一番ワクワクしながら楽しんでいたのではないかと思います。
インタビュアー、ゲストの方々、来てくださった方たちに僕は育ててもらいました。ありがたいですね。
このようにワクワクしながらソースの活動をしていたら・・・
 

7.ソース・アドバンス・トレーナー養成講師就任

ある時、ソースの統括本部があるVOICE社から連絡がきたのです。
「ワクワクを発見した人が実践するためのアドバンス・コースを開催するトレーナーを養成したい。その講師の一人としてやってもらえないか。」
そんな打診をいただきました。
今までのソースに対する活動を見ていてくれて多くの方が推薦してくれたお陰です。
感謝しかありません。
すぐにOKの返事をしました。
今までソースを軸にワクワクを実践してきました。
その知恵を多くの人に分かち合えるのです。
トレーナーの方を多く養成できれば、さらにソースのワクワクを実践する人が増える。
そうすれば、社会がさらに面白くなっていくのではないか!
そう思うとワクワクが加速していきます。
今、養成講座の準備段階です。約1年かけて準備をしている最中です。
誰もがワクワク生きる権利を持っているのです。
誰もが自由に生きる権利を持っているのです。
誰もが人生をよりよく変える権利を持っているのです。
そのベースには自分の源泉であるソースにつながり、行動するのことが鍵になるのです。
あの本に出会ってから9年が経ちました。
これからも、自分の人生を通じて学んだことを積極的に分かち合っていきます。
「ワクワクすることをしよう!自分のしていることにワクワクしよう!」を合言葉にこれからもソーストレーナーとしてワークショップを開催し、ワクワクを基本とした生き方を多くの方に伝えていきます。
そして僕の人生の目的も
「私は多くの人に助けてもらい夢を実現します。」から
「私は多くの人の夢を実現させていきます!」にシフトしました。
自分のワクワクを大切にしながらこれからもソース的な生き方をしている人たちを増やすために活動をしていきます!
きっと、それが誰もが生きやすい世界になることを信じて。

(2008年新緑の季節に記す)

発見編

あなたにとって、ワクワクすることは何か、自分の人生にとって大切なことは何か、この世に存在する意味は何か、人生にバランスをもたらす具体的な行動指針とは何か、ということを気づき知っていきます。
人生を航海に例えると、船出の準備を整えるのが目的のワークショップです。詳細

活用編

自分自身のソースについてさらに深く学ぶ、ソースを「パートナー」や「職業」探しに活用するという大きな2つのテーマをみていきます。自分の人生を自分の手で自分らしく設計して切り開いていく力を強化します。
どんな人生の旅をどのようにしていくのか航海術を学ぶのが目的のワークショップです。詳細